So-net無料ブログ作成

Buffalo RAMDISKのログがヤバイ [PC]

仕事用のPCが、ある日突然「HDDの容量がいっぱいです」って言って来た。

なんで?と思い、マイコンピューターでシステムドライブのプロパティを見てみると、Cドライブの残り容量が640MBに!!

ハードウェアを一新したときにシステムドライブをSSDのRAIDに組み変えたから確かに容量は小さいが、10GB近く空きがあったのは確か。仕事用だからソフトの追加もしてないし(Illustratorのバージョンアップはしたけれど...)、いくら何でもメールが10GBもいくはずないし、ん~謎だって思いながら色々フォルダーの容量を調べていると、何だこれは!?

C:\Users\Public\BRDUtilTrayLog.txt

なんとこのファイルの容量が、9.8GB以上もあるではないか!!しかも毎秒数バイトずつ増量中...ってか、このファイル名どっかで見た事あるなあと早速ググってみたところ、Buffalo RAMDSIKのログファイルである事が判明。どうも皆さん同じような衝撃に悩まされているい。何のためのログなんだろうか...。

とりあえず、RAMDISK実行中はログファイルはいじれないので、セーフモードで再起動して消してみた。再起動後も普通に動いているから動作自体に問題はなさそうだけど、起動直後から、どんどんログを記録し続け増量中。

本体の設定からはログ関係の項目はないため、システムをいじる必要があるようです。

ログの記録をしないようにするには、下記ブログを参考にいじってみました。

まなBlog「システムの評価、その後」: http://manamana.ddo.jp/blog/post/e382b7e382b9e38386e383a0e381aee8a995e4bea1e38081e3819de381aee5be8c.aspx

C:\Program Files\Buffalo\BFRD4G\BRDUtilTray.ini

をメモ帳で開いて、最後の行の

Level=9

Level=0

へ変更。これを上書き保存すればいい。

この変更で、ログの新規書き込みがなくなります。なので、後は今まで溜まりに溜まったログを削除すればOK。晴れて10GBもの大容量を復活できました。

但しこの方法はメーカーが公式に公開している情報ではないので、この変更によって何が生じるのかは不明。最悪動作しなくなるだけではなく、データ自体が飛んでしまう可能性もあるので、バックアップは絶対であると同時に、変更後ある程度の時間様子を見る事をおすすめします。

しかしSSDで毎秒毎秒書き込みしてたって事は、相当寿命が縮まってるんじゃあなかろうか...。かなし過ぎるなあ。でもまだまだ高速に動いているので、とりあえずはOKだ。容量ない方がヤバ過ぎる。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。