SSブログ

2012年F1技術規約と競技規約の変更<FIA公式プレスリリース> [FORMULA 1]

FIAから来シーズンから適用されるF1技術規約と協議規約の変更がリリースされました。下記記事の日本語訳はF1通信さんからの引用です(ムツカシイエイゴワカリマセン)。

2012年技術規約の変更

・ これまで技術指令にのみ含まれていたすべてのエンジン標準ECUセットアップおよびパラメータは今後、技術規約の関連部分にも含まれる。

・ マシンに対して空力学的効果を有する排気ガスを最小限にするため、排気管は厳しく規制される。

>>所謂「床下吹き付け排気管」というエンジンの排ガスを車体下に出すことで、床下の空気流を増大させてディフューザーのエアロ効率を上げるというやつが禁止されます。まあ世界的なエコの流れからして、禁止しやすい項目ではありますが、フェラーリの苦手分野だから潰されたって事が一番大きいところかも...。

・ マーシャルが操作する車内の緊急スイッチのわかりやすい表示が規定された。

・ 側面衝撃構造は、さらなる(上向きの)押し出しテストを受けなければならない。

2012年競技規約の変更

・ マシンは、あらゆるクラッシュ・テストに合格しなければ、シーズン前テストに参加することができない。

・ 規制がなければレースの中断が8時間も続く可能性があるので、最長レース時間が4時間に制限される。

>>今年のカナダGPの様な事を繰り返さない為?個人的には8時間だろうが12時間だろうが何時間でも待ちますけど?

・ 遅いマシンが、先頭でレーシングをしているマシンを妨害することがなくクリーンなリスタートを確実にするため、セイフティ・カーがピットに戻る前、周回遅れになったマシンは遅れを取り戻し、車列の最後に合流することができる。

>>これはかなり良い変更。邪魔だし、てか危ないし、前にいる周回遅れの方からしても、抜かさせなくちゃ行けないけど、やり過ぎると抜かれちゃいけない人にも抜かれるという何ともやりきれない事になるしね。

・ レース中断中にピットレーンにいるマシンは、レースが中断したときの順位でグリッド上のマシンに合流することができる。

・ ドライバーは、時間と燃料の節約のために、偵察ラップあるいは「イン・ラップ」におけるシケイン・カットなど、正当な理由なしに、トラックを離れることはできない。

>>正当な理由って誰が判断するの?こういうのは判断ムツカシイけど、とりあえずマッサはシケインに乗らせない方が良いじゃない?関係ないか...。

・ ドライバーは、順位を守るためにレーシング・ラインを外した場合、そのラインに戻ることはできない。

>>ハミルトン言われてますけど?

・ これまでなかったシーズン中に1回(3日間)のテストが実施される。

>>おおテスト復活だ~。色々目にする機会が増えることは良いことだけど、財政難の中堅チームにすれば良い迷惑?でもないのかな?

・ 控訴の対象にならないスチュワードの裁定は、規約内の各所ではなく1ヶ所にまとめられる。

>>とりあえず僕には関係ありませんが、みんなが必死で探しているのも面白いよね。

・ ドライバーに割り当てられるタイヤはすべて、フリー走行の初日に使うことができる(これまでは3セットのみの使用が認められていた)。

2012年FIAフォーミュラワン・チャンピオンシップのカレンダーは、以前発表された通りであることが確認された。

--------------------

てな訳で、お金ないからやーめたって言ってたアメリカグランプリは、どこかの誰かの膨大な資金が流入しているのかしていないのかは知りませんが、復活する模様です。

とりあえず鈴鹿もあるね。フジテレビは中継どうするんだろうか?確か日本GPの正式名称って「フジテレビジョン日本グランプリ」ですけど、どうなのよ?しょーもないバラエティーだの○流ドラマに大金つぎ込むくらいなら、50億くらい払えるだろ?

個人的には、フジテレビCSF1ってチャンネルを増設して、年中F1関係の番組流してほしいな~。今でも有料チャンネルで観てるのに、インタビューとか全然観られないのが不思議。その為だけに地上波もチェックしないといけないって、これってやっぱりそういう戦略だよね?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。