So-net無料ブログ作成

VL900/9D 復活!! [PC]

今となっては必要ないかもしれない記事。

2004年春モデルの NEC VALUESTAR L VL900/9D PC-VL9009D を姉が未だに使っている。スペックはというと、CPU: Intel Pentium 4 2.80GHz、RAM: DDR DRAM PC2700 512MB、OS: Microsoft Windows XP Home Edition というかなりのオンボロPC。

とは言っても、自分が仕事用に使っているパソコンも、半年前まで Pentium 4 2.4GHz で、まあメモリーは 4.0GB 搭載だったので多少はマシかもしれないが、大差ない。ちなみに今は Pentium D 3GHz でメモリーが 4.0GB になった。って言っても、やっぱり大差ない。

とまあそんな事はどうでも良くて話を戻す。

どうにかまともに動くようにならんものかと思い、会社のパソコンを何台か入れ替えたので、その時余ったメモリーをこいつに足してみる事に。

まずメーカーのWEBサイトを見ると、PC2700 DDR SDRAM 対応で、最大容量が 1.0GB になっていたので、PC3200 DDR SDRAM を発見。ただし容量が 1.0GB の DIMM が2枚だった。

んーこりゃダメだなーと一瞬思ったが、512MB×2枚が最大って、そんなわけねーだろーって事で色々検索してみたところ、全くヒットせず。やっぱり本当に512MB×2枚しかダメなのか?と諦めていたところ、Buffalo のWEBサイトで面白い物を発見。

なんと、VL900/9D 対応メモリーモジュールのリストに、DD400-1G という 1.0GB DIMM があるではないか!!(※ただし最大容量を1.0GBを超えないようにとの注釈がある)。

って事は、DIMMスロット自体は 1GB のモジュールに対応してるって事だよね。

まぁ規格さえ会ってれば、火を噴いて壊れることはなかろうという妄想を元に、試しに 1.0GB DIMM を2枚指してみたところ・・・

・・・

フツーに起動!

そして BIOS をチェックしてみると、こちらもフツーに 2048MB で認識してるー!!

ってな訳でして、どうやら VL900/9D は最大1GB(512MB×2枚)という公称値はウソでして(厳密に言うとウソじゃなくて、512MB×2枚までしか動作保証しないって事)、どうせ買い換えで捨てるんだし、まぁ壊れてもいいやって方は、試してみても損はないかと思います。

マザーボードにはリビジョンがあって、同じ機種でも新しいリビジョンのが乗っているなんて事もあるので、たまたま私のダケ動いたのかもしれませんが。

んーサクサク動くねー。

ついでに、こいつは地デジも対応してないので、TVキャプチャーは取り外して、関連ソフトやら8年間一度も使ってないソフトを削除。ビジュアルや操作感は変えないように設定をチョコチョコいじりまして、かなり軽くなった。

これならもうしばらくはフツーに使えるんじゃないかと思う。あっぱれあっぱれ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。